KATO SOUND BOX

22-231-3サウンドカード<EF81>¥3,100 + 税

人気の高い国鉄形交直流電気機関車、EF81のサウンドカードが登場です。

製品詳細

タイプ

サウンド同調

ファンクションボタンで再現する動作音

◆自動で発声する環境音
走行音、転動音、断流器、CP、ブレーキスキール
◆カードを挿入し、イジェクトボタンを押した際に発声する音
パンタ上げ

① 警笛
  お好みにより、「ホイッスル(弱)」「ホイッスル(強)」「タイフォン」3種類の音色を選択可能。
  押している間は鳴り続けます。
② 連結
 (走行中/停車中共に)ボタンを押すと連結音が、もう一度押すと切り離し音が鳴ります。
③ 制動
 (走行中)ボタンを押している間、操作時のエア音が鳴り続けます。
 (停車中)ブレーキ緩解音が一度鳴ります。
④ ATS
 (走行中・停車中共に)ATS-Sのベル・チャイムが鳴り、もう一度押すと鳴り終わります。
⑤ 惰行
 (走行中)走行音が惰行に切り替わり、車両の走行速度を保ちます。
 もう一度押すか、速度を変えると走行音が力行(または制動)に戻ります。
 (停車中)停車位置修正・・・ボタンを押しながら車両を走行させると、走行がコントローラーに同調します。
⑥ ブロワー(交直切替)
 (走行中・停車中共に)ボタンを押すとブロワーが始動します。もう一度押すとブロワーが停止します。

◆緊急停車機能を搭載。走行中にイジェクトボタンを押すと、即時に停車します。
◆コントローラー優先モードを搭載。F3とF5を同時に長押しすることでモードが切り替わります。 【交直切替の再現】停車中または惰行走行時にブロワー音をいったん停止させたのち、再始動させることで再現可能です。

インフォメーション

●EF81は昭和43年(1968)に登場し、現在までの半世紀にわたって首都圏を含む本州と九州の広範囲で活躍を続けている交直流電気機関車です。ブルートレインを含む長距離の旅客列車・貨物列車・事業用列車などの牽引をこなす万能機関車で、第一線での活躍を続けています。
●ファンクションボタンにより連結・切り離し音や長短を選べる警笛音など、本線走行のみならず出区から列車の仕立てまでを含めた各シーンをお楽しみいただけます。
●本製品は「コントローラー優先モード」書き込み機能を搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
●車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。
●同時期発売予定の(HO)EF81各種と合わせてオススメできる商品です。

特長

① 現在も活躍を続ける国鉄形交直流電気機関車、EF81のサウンドカードをラインナップ。
② 走行状況により、モーター音、転動音、断流器、コンプレッサー音などをはじめとした各機器の動作音をお楽しみいただけます。
③ 電気機関車ならではの迫力あるブロワー音は、ファンクションボタンの操作によりお好みのタイミングで始動/停止が可能です。
④ 警笛はお好みにより、3種類の音色を選択可能。
⑤ 貨車などとの連結・切り離し作業音を再現。
⑥ サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速で、実車を運転するような感覚で楽しめます。
⑦ コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカード同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。 これからサウンドカードをはじめる方にもお手軽にお楽しみいただけます。
⑧ パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封。

関連製品 <車両>