KATO SOUND BOX

22-203-9サウンドカード<E231系 近郊型>¥3,000 + 税

VVVFインバータ制御装置に由来するサウンドやドア開閉チャイムを再現。

製品詳細

タイプ

サウンド同調

ファンクションボタンで再現する動作音

① 警笛
  お好みにより「電笛」「電笛ホイッスル」の2種類の音色を選択可能。
② ドア
 (停車中のみ)ボタンを押すごとに「開扉」「閉扉」が交互に鳴ります。連打も可能。
③ 制動
 (走行中)スキール音(摩擦音)が鳴り、もう一度押すか停車すると鳴り終わります。
 (停車中)発車時の制動緩解音(エアー排出音)が一度鳴ります。
④ ATS
 ATS-Pのベル音が一回鳴ります。連打も可能。
⑤ 情行
 (走行中)走行音が惰行に切り替わり、車両の走行速度を保ちます。
 もう一度押すか、速度を変えると走行音が力行(または制動)に戻ります。
 (停車中)ボタンを押しながら車両を走行させると、走行がコントローラーに同調します。
⑥ ブザー
  ボタンを押している間、ブザーが鳴ります。乗務員同士の連絡合図を演出します。
※緊急停車機能を搭載。走行中にイジェクトボタンを押すと、即時に停車します。

特長

E231系近郊形電車のサウンドカードがラインナップに加わります。
E231系は湘南新宿ラインや上野東京ラインを含む宇都宮線・高崎線・東海道線・横須賀線・伊東線などで活躍を続けている、JR東日本の主力の近郊形電車です。E233系とは同じ線区を走行し行き交うだけではなく、平成27年(2015)以降は併結運転も行われています。
本製品はサウンド同調タイプのサウンドカードです。
実車がインバータ更新前の独特で特徴的な励磁音をプロトタイプに製品化。E233系や209系と共に、車両の「音」を聞き比べながら運転をお楽しみいただけます。
・E233系、209系に続き、首都圏で広く活躍を続けている近郊形電車のラインナップ。
・2レベルIGBTインバータの、起動後しばらくすると音程が一旦下がる特徴的な励磁音を再現。
・サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速を、実物の電車を運転するような感覚で楽しめます。
・パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封。

関連製品 <車両>